『シルエットカメオ』全シリーズ比較一覧表

機種名 シルエットカメオ シルエットカメオ2 シルエットカメオ3
画像 初代シルエットカメオ
発売日 2012年3月14日 2015年2月3日 2016年12月13日
発売当初の価格 約26,800円 約30,000円 約30,000円
最大サイズ 295mm×1016mm(拡張時)
305mm×305mm(台紙使用時)
最大カット速度 100mm/sec
最大カット圧 210±20gf
液晶 白黒 カラー 4.3inch タッチパネル
外形寸法 532 x 165 x 130 (mm) 532×189.2×130 (mm) 570 x 221 x 136.4 (mm)
重さ 約3kg 約3kg 約4kg
USBメモリ ×
(SDカード)
対応OS Windows 7/Vista/XP
Mac OS X 10.5.8 以上 (Intel)
Windows 10/8.1/8/7/Vista
Mac OS X 10.6.8 ~ 10.11(Intel)
Windows 10/8.1/8/7
Mac OS 10.7~10.11 (Intel)
言語 日本語 日本語
他10ヵ国
韓国語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語
日本語
他25ヶ国
コメント

初代シルエットカメオ。性能は問題ないが、Widnowsとの相性の悪さが目立った。

初代と比べて一番大きな違いは「カラータッチパネルの搭載」。その他は、細かい機能面やデザインが改良された。

初代カメオとシルエットカメオ2の違い

カメオ2との大きな違いは、「2つのカッターが同時装着可能」「カッターの刃出し量をソフトウェア(Silhouette Studio)から調整できる機能」を搭載。

スポンサードリンク
スポンサードリンク